Home > 地方での医師不足

地方での医師不足

地方自治体の政策でも地域医療の充実を謳う自治体も多くなっています。ただ地方は人口が少ないこともあり、また医師を養成する医科系の大学の数も少ないことから、それだけ医師不足も深刻な現状となっています。

現実的にみると、地方には高齢者が住んでいて、都会には若者が住むといったように世代の二極化が進んでいるのも事実です。実際に医療に頼ることが多いのは、この高齢者の方が多いわけです。

つまり高齢者の数に比例して、医師の数が存在すれば問題とない訳でが必ずしもそうではありません。現実的には地方では医師の絶対数が少ないことから、医師一人が担当する患者の数が増えることで、それが大きな医師の負担にも繋がっており、医師の働く環境を悪化させている現実もあります。そして、働く環境の悪化が医師の集るのを難しくしている悪循環もあります。

また地方における医師不足の原因としては、高度な先端医療は都会といった大病院に集積しており、そういった医療技術が都市部に集中しやすい傾向があります。医師の目的としても、患者を一人でも救うためのの最先端の医療を学びたいというニーズもあります。そういった医療事情も都市部への医師の偏在を招いたりしている訳です。