Home > 産婦人科での医師不足

産婦人科での医師不足

医師不足の現状~産婦人科での医師不足~について考えてみたいと思います。現在、医師不足という現状がありますが、その中で特に深刻なのが、救命救急医、小児科医、そして産婦人科医です。

どれも共通しているのが、少しのミスが直接命にかかわってくる非常にプレッシャーがかかりかつストレスがかかる科ということです。特に産婦人科医は、母体と赤ちゃんの2つの命を同時に扱わなければなりません。新しい生命をはぐくむのに立ち会えることはとても素晴らしいことであり充実した気持ちになれますが、その分少しのミスが胎児への後遺症を残す可能性もありとてもシビアで難しい一面があります。

しかも、出産はいつ起こるかわからないため当然24時間の監視が必要になるため必然的に労働時間の増加が起こってしまいます。近年、その労働時間の多さと多大な責任から産婦人科医のなり手がすくなくさらに悪循環が起こっているのが現状です。患者の理解と政府の協力がかかせないものになってきています。