Home > 高校生を支援

高校生を支援

急病人が救急車で病院に運ばれたが、担当医が不在だったり、ベッド満了などの理由で断られ、たらい回しされた挙句の果て死亡したというニュースが増えています。また、田舎の多くの病院を中心に医師不足や経営困難が原因で、診療科の一部を閉業したり、病院同士の一本化といった報道も流れ込んでいます。

登竜門の一つの医学部に進み、難しい学習や教育訓練を経て、毎年およそ3千5百人から4千人の医師が生誕している中、なぜ医師不足問題が騒がれているのでしょうか?

1970年代に、各県それぞれに一つの医科大をという考案が空押しされ、現実化を目指し開始しました。一方、私立大でも医科大や医学部の創業が顕著で、医学部の入学定員が大幅に増加することになりました。対策として当時の厚生省は、1984年以降、医学部の定員を最大時期よりおよそ7%低減させました。

2000年代に入ると、医師不足がそれぞれの分野で目立ち、大きな社会問題に進化してきました。さらに、2004年に開始した新臨床研修制度で、これまで主に出身大学の附属病院の研修医が、大まかに研修先をセレクトできるようになりました。その結果、都市部の病院に集中し、研修後も地元にリターンする医師は僅かで、地方医療の破壊を促進させる結末になりました。また、勤務医からも酷烈な勤務による損害の指示や、診療分野別に医師のニーズと提供の不均等などの課題が話題となるようになりました。

2006年には、診療報奨のカットが行われ、経営が辛い病院も増加し、医師の採用を見合わせるところも出てきました。厚生労働省でも、こうした声を受け医師不足が原因ではなく、医師の偏りが問題というこれまでの方策を転変し、医師の増加のためにて立ち向かうことになりました。そして昨年6月、舛添厚生労働大臣は、安心と希望の医療確保ビジョンを空押しし、医学部の定員カット再検討を行いました。

医師一人を育成するには、数千万円のお金が不可欠です。私立大学の医学部の学費は、数百万から一千万円を超える大学が普通です。また、6年間ずっと授業や実習だらけで、アルバイトなどする暇はないです。このため、各国公私立大学では、公然な給費の他、大学独自の給費制度を採用し高校生や高校卒の医学生の援助を行っています。卒業後、地元の病院で働くことを条件に援護する大学もあります。サイトやホームページで解説されているので、チェックしてみましょう。