Home > 女性医師が働きやすい環境整備

女性医師が働きやすい環境整備

現在の日本では、医師不足の問題が深刻化しています。特に地方での医師不足は深刻で世界をみても日本の医師不足の現状は、世界平均を大きく下回っています。現在医師不足を解消する手段として、いろいろな手段が取られていますが、その手段の1つが女性医師の割合を増加していくというものです。

女性医師は、小児科や産科で増加傾向にありますが、結婚した後の勤務状況や出産や育児の問題で女性医師の中には、医師を続ける事を諦める人もいます。そういった問題を解決する為、各地方自治体で女性医師の勤務時間を短時間で正規雇用にしたり、女性医師が仕事と子育てをうまく両立出来るようにベビーシッター等の支援サービスを行っている地方自治体もあります。

その他に女性医師の宿直を免除して非常勤の医師を雇うなどの多くの対策が行われています。一旦仕事と子育ての両立で医師を諦めた医師でも、復帰できる支援システムも行う事が望まれています。多くの対策によって女性医師が働きやすい環境整備が整い女性医師が増える事が望まれます。