Home > 大学医学部の定員増加

大学医学部の定員増加

急病人が病院に運ばれ担当の医師が不在の為たらい回しになり、死に至るという不幸な出来事をニュースで耳にする事が増えています。その原因は医師不足だといわれています。特に地方での医師不足は、深刻で世界的にみても人口千人当たりの医師の数は絶対的に不足しています。

医師不足解消の為、対策が考えられその対策の一つが大学医学部の定員増加です。政府は大学の医学部の定員の増加を決め、実施され始めました。特に、地方は積極的な取り組みを行っています。

地元の大学の医学部に地元の高校生の推薦枠を定めて、地元の高校生を優先的に推薦入学させる事を推し進めています。また医学部の学費は高額になりますが、奨学金で高校生の支援を積極に行い一定期間地元に留まる事を約束した高校生に優先的に奨学金を支給する方針などをあげています。医師不足の取り組みは、その他多く行われており医師不足の解消に繋がるはずです。