Home

医師不足の現状、対策

医師とは

医師とは病気や怪我の治療を行い、患者とともに完治を目指し、様々な専門的医療行為を行ってくれる人たちです。

ですから、多くの人の役に立ち感謝され、先生と呼ばれ尊敬されています。とてもすばらしい職業ですが人の命に関わるため、誰でも簡単になれるものではなく、国家資格である医師免許の取得が必須となります。免許取得のための試験でさえも受験可能な要件を満たしていなければ受ける事が出来ないのです。

医師とは、資格を取る要件を満たすために通う医学を学べる大学に合格するのも大変であるため、強い思いがなければ難しく途中で挫折してしまう人も大変多くなっています。

病院だけが働く場所ではなく、研究の分野であったり、産業医として企業に常駐して働く医師もいます。また健康診断の触診や検査を専門としたり、幅広い分野で活躍することが出来ます。医師とは過酷な労働環境で働く人々が多く、過労など大きな問題として取り上げられていますから、自分自身の健康管理を行なう事も大切な役割となります。

医師不足

医師不足が重要な問題になっています。しかし、医師不足といっても医師不足しているのは主に、「産婦人科」、「救命救急医」、「小児科」が多いのではないでしょうか。逆に、整形外科医や、歯科医などは飽和状態のように言われています。この違いは、何か。一番大きいのが、命の重さに最も関わる科ということでしょう。

どの科も一つの迷いや、判断ミスで命に関わってきますし、時には、後遺症を残してしまうことも少なくありません。それにより、今は患者やその家族も簡単に医療裁判を持ちだしてきます。

真面目に一生懸命やっている医師こそがそのようなはざまに悩み去っていく現状があります。そしてそれにより医師不足が続き、長時間労働をすることになり、どんどん疲弊してしまっているのです。

現状の状態を見ると、医師のモラルと使命感に頼りきりというように見えます。このままでは、どんどん優秀な医師がいなくなってしまうでしょう。患者や家族のモラルある行動や政府の補助が必要なのです。